ソイエの泡脱毛とは?使い方や効果など

脱毛方法には様々なものがあります。多くのサロンや美容クリニックで行っている脱毛法がレーザー脱毛ですが、費用面で負担がかかるのがネックです。自宅でできる脱毛方法には、ワックスやクリーム、家庭用光脱毛器といった方法がありますが、これらの方法は使用法を間違えると肌に負担をかけてしまいます。

そこで注目なのが、泡脱毛です。自宅でできる脱毛の新しい方法として人気を集めている泡脱毛についてご紹介します。

ソイエの泡脱毛ってどんなもの?

泡脱毛とは国内大手メーカーのパナソニックが発売している「ソイエ」という商品を使った脱毛方法です。見た目はシェービングのようなこの商品は、肌に優しい脱毛を目指して作られた家庭用脱毛器です。

その大きな特徴が、泡を使っているという点です。脱毛ワックスやクリームなど、家庭用脱毛グッズは肌に負担がかかり、脱毛時に痛みが生じるという点がネックでした。しかしソイエの泡脱毛は、肌に優しく痛みも最低限で、ムダ毛を根元から引き抜いてくれるのです。

ソイエの泡脱毛のメリットは優しく脱毛できる、という点だけではありません。脱毛する場所によってヘッドを替えられるのが特徴です。特に、ビキニラインやワキは毛が太く濃い部分で、脱毛するのに一苦労な場所です。家庭用光脱毛器を使うという手もありますが、商品によってはビキニラインの脱毛ができない場合があります。

これは、ビキニラインが他の部位より繊細な肌をしており、機器を使うことで肌に思わぬダメージを与えてしまうのが大きな理由です。しかし、ソイエの泡脱毛はヘッドを専用のものに変えるだけで、ビキニラインも気軽に脱毛できます。

その他にも、シェーバーヘッド、角質クリアヘッドといった付属品が付いています。シェーバーヘッドは毛の長さを調節するのに役立ちます。ソイエの泡脱毛は、長すぎる毛は脱毛できません。機械の内部で毛が部品に絡まってしまい、痛みが生じる場合があるためです。

ベストなのは2mmから3mmで、この長さにするにはシェーバーが役立ちます。カミソリのように直接刃を肌に当てないので、肌にダメージを与えることなく優しくムダ毛を短くできるのです。角質クリアヘッドは、古い角質を剥がして新しくキレイ肌を作ることができます。

かかとや肘など、気付かないうちに古い角質が溜まると部分的に肌の色が暗くなります。古い角質は肌を暗くするだけでなく、様々な肌トラブルの原因になるので、美肌を目指すためには角質処理をきちんと行わなければなりません。

ソイエの角質クリアヘッドは、使い方も簡単で比較的痛みが少ないのが特徴です。ヘッドを気になる部分に当ててコロコロと転がすだけで、簡単に角質が取れます。角質を取った後の肌は敏感な状態になっているので、保湿ケアはしっかりと行いましょう。

泡脱毛のやり方

ソイエの泡脱毛は、お風呂で使うものです。機械なのでまずは充電しておく必要があります。充電時間は約1時間で、使用時間は40分程度です。充電してお風呂に持ち込む前に、まず付属のヘッドを脱毛したい部位に替えます。

いつも通りお風呂で体を洗ってキレイにしたら、泡脱毛開始です。毛が長い場合は脱毛前に短く処理しておきましょう。直接肌に当てるのではなく、ボディソープを塗ってから脱毛をしましょう。肌にかかる負担や痛みを少なくすることができます。

脱毛方法は簡単で、ムダ毛を処理したい部分にヘッドを当ててコロコロと転がしていきます。スイッチを押すとLEDライトがムダ毛を抜いている部分を照射してくれるので、処理している部分が目に見えやすいです。部位を調節しながら脱毛していきましょう。

ソイエの泡脱毛は毛を引き抜くという方法です。肌に優しく設計されているとはいえ、毛根から毛を抜く際は大きな負担がかかります。これを少しでも軽減するため、お風呂で体を温めて毛穴を広げておくという方法がおすすめです。

しっかり毛穴を広げてから泡脱毛をしましょう。

泡脱毛で本当に脱毛できるのか

自宅で気軽にムダ毛処理ができる泡脱毛ですが、気になるのがその効果です。泡脱毛は専用の機械で毛を引き抜くというもので、毛根を破壊する家庭用光脱毛機とはメカニズムが異なります。

毛を抜くだけでは効果は少ないのでは、と思う方も居ると思いますが、ソイエの泡脱毛は毛根からしっかりと毛を抜くことができるので、家庭用脱毛グッズの中でも効果は高いと言えます。個人差や脱毛部位にもよりますが、一週間経ってもツルツルの肌を保てるケースもあります。

ただし、永久的な脱毛効果は期待できません。あくまで毛を引き抜くというものなので、新しく毛が生えてくる可能性は大きいのです。永久脱毛をするのであれば、毛根を破壊する必要があります。このような効果が得られるのは、セルフでは家庭用光脱毛器、美容クリニックやエステで行われているレーザー脱毛と方法が限られています。

ただし、期間限定でムダ毛をキレイにしたい、という方であれば、泡脱毛は手軽で簡単に使え、コストも抑えて脱毛できる便利な機器と言えます。

気になる痛みや値段について

使用する前に気になるのが、脱毛時にかかる痛みと値段です。一般的に、脱毛は痛いというイメージがあります。エステや美容クリニックで行っているレーザー脱毛も、個人差はありますが痛みが生じるものです。泡脱毛は肌に優しく痛みを軽減して作られたものですが、全く痛みがないというわけではありません。

太い毛を抜くときはそれなりに痛みが生じます。ただし、痛みの程度には個人差があり、痛みを感じやすい部分も人により異なります。痛みが気になる方は、まず最初にお風呂に入り、毛穴を広げてムダ毛が抜きやすい状態にしておきましょう。

とは言ってもソイエの泡脱毛は痛みを最低限に抑えた作りなので、他の脱毛グッズと比べると痛みは少ない方と言えるでしょう。次に気になるのが値段です。ソイエは上位機器二種類と下位機種二種類があります。このうち、泡脱毛ができるのが上位機器二種類です。

ES-ED97は角質ケアと除毛が可能で、ES-ED67は除毛と角質ケアができません。使用可能部位は同じなので、どのように使用するか自分に合った方を選びましょう。値段は、ES-ED97が21,800円、ES-ED67が14,800円となっています。

ただしこれは公式ショップで販売されている価格で、他の大手通販サイトで購入すると正規価格より安く手に入る可能性があります。

脱毛を24回するとムダ毛は完全になくなる?

泡脱毛をする際の注意点

気軽に簡単に使用できる泡脱毛ですが、使用する上で注意点がいくつかあります。まず、肌が弱い方は使用できない可能性があります。脱毛といっても、泡脱毛は毛を引き抜くという方法なのでそれなりに肌に負担がかかります。

敏感肌や乾燥肌の方が使うと、炎症の元になり肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。また、日焼け後や怪我をした後など、肌状態が敏感になっているときも使用は避けましょう。思わぬ肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

使用後は毛穴が開いた状態になります。このため、脱毛後はしっかりと保湿ケアをする必要があります。ボディクリームや化粧水をしっかり塗り、毛穴ケアをしましょう。放置しておくと毛穴が広がったままになり、逆に肌が汚く見えてしまいます。

また、十分に毛穴が開いていない状態で脱毛をすると、毛穴から出血する場合もあります。お風呂でしっかりと毛穴を広げ、ダメージは最小限に抑えた脱毛をしましょう。

脱毛前は化粧をしていても大丈夫?脱毛前後のメイクや日焼け止めについて